神前式の由来とは

今人気の神前式について

結婚式の服装の情報

神前式の起源と人気の復活

神前式の歴史は意外と浅く、明治33年に当時の皇太子殿下が挙げられたのが最初と言われています。本来は神社で挙げるものですが、ホテルや結婚市場でも挙げることはできます。現代では、白無垢や三々九度などが伝統的スタイルとして見直され、その人気が復活しています。神前式においては、家と家を結びつけることを結婚と考え、神職と巫女がご両家の縁結びをする形になっています。最近では広い式場も多く、親族だけでなく友人の参列も可能なことがあり、披露宴を行わないカップルにとっても、伝統的で厳かな挙式スタイルが人気を得ているのです。

挙式の会場への送迎バス

少し離れた場所で挙式するのも魅力が多くあります。駅からは送迎バスが毎日出ていますから招待客の交通の便を考えても負担にはならないですし、広い土地でゆっくりと過ごす時間を持つことで慌ただしい日常を忘れられます。一生に一度しかない挙式を上げる日は、思い出深く残したいと考え皆予定をいれます。その願いを十分叶えてくれるような式場が豊富にありますし、晴天に恵まれる場所でもあります。ビルや住宅がほとんどない場所で見渡す限り素晴らしい緑が目に入ってきます。帰る時にも送迎バスがあり招待客もゆっくりと楽しめるのです。